石田三成にとっての偉人はだれ?

石田三成のイラスト

石田三成に関する逸話の中で、度々引き合いに出される人物がいます。三成より古い歴史上の人物で、三成が手本としている偉人なのですが、それはいったい誰でしょうか?

( 正解率は 50 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「源義経(みなもと の よしつね)」

  回答内訳

20人 が回答済です

源義経(みなもと の よしつね)(10回答)
50%
藤原道長(ふじわら の みちなが)(5回答)
25%
坂田金時(さかたのきんとき)(2回答)
10%
那須与一(なす の よいち)(3回答)
15%

※未回答での閲覧回数は 4回

 解説

石田三成に関する逸話には度々、源義経の名前が出てきます。

例えば、大谷吉継が三成をいさめた逸話では、「あなたは、人は金銭で動くと思っている節がある。それでは万が一困窮した時、家来がついてきてくれなくなるだろう。義経の逃避行に従った家来たちに、考えさせられることはあるはずだ。」とその名前が出てきます。

また、関ケ原の戦いで敗北した時には、「裏切り者のせいで、勝てるはずの戦いに負けたことが悔しい。運が尽きてしまったから、義経も衣川の戦いで死ぬしかなかった。これは私の運命だ。」と嘆いたと言います。

現代の私たちが、約400年前の戦国武将たちに思いを馳せるように、戦国武将たちもさらに約400年前の平安武者たちに思いを馳せていたのかもしれません。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事