戦国時代の土豪で伊賀流忍術の祖と言われる人物は?

忍者イラスト2

土豪とは、地侍のように百姓から武士になったものや、その土地の小豪族を指す言葉です。伊賀流忍者の上忍で上忍三家のうち伊賀流忍術の祖と言われたのは誰でしょうか?

( 正解率は 48 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「百地丹波」

  回答内訳

154人 が回答済です

百地丹波(74回答)
48%
風魔小太郎(9回答)
5%
服部半蔵(58回答)
37%
藤林長門守(13回答)
8%

※未回答での閲覧回数は 16回

 解説

問題の中で、伊賀流忍者の上忍で上忍三家は、百地丹波、服部半蔵、藤林長門守になります。その中で、伊賀流忍術の祖と言われたのは百地丹波です。最後は織田信長の兵に攻め込まれ、討ち死にしています。織田信長の兵は5万という大群だったことから、百地丹波がどれだけ恐れられていた忍者だったかということが分かります。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事