大友氏の家臣で「風神」と称された武将は?

高橋紹運のイラスト

豊後国の大友氏に仕えた戦国武将で通称「風神」と称せられた人物は誰でしょうか?

( 正解率は 55 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「高橋紹運」

  回答内訳

83人 が回答済です

高橋紹運(46回答)
55%
立花道雪(24回答)
28%
立花宗茂(7回答)
8%
鍋島直茂(6回答)
7%

※未回答での閲覧回数は 9回

 解説

九州では薩摩国の島津氏が台頭する以前、豊後国の大友氏が九州一円を支配する大勢力を誇っていました。 大友氏の家臣の中で特に優秀だった人物が「高橋紹運」と「立花道雪」です。高橋紹運は「風神」、立花道雪は「雷神」と称され、大友氏の双璧と呼ばれていました。

なお、立花宗茂は高橋紹運の実子にあたり、優れた器量から立花道雪に気に入られ、同人の娘婿として養子となった人物です。 宗茂は豊臣秀吉の九州征伐で武功を立て、秀吉から「剛勇 鎮西一」と称されています。鍋島直茂は当時大友氏と争っていた龍造寺氏の重臣です。

 もっと詳しく知りたい

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事