丁寧に歴史を追求した "本格派" 戦国Webマガジン

織田信長の兜の紋の意味は?

「楽市楽座」や「関所の廃止」など斬新な発想に基づく改革を積極的に行なった戦国武将、織田信長の兜には彼の家紋が装飾されています.それはなんでしょうか?

( 正解率は 95 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「木瓜紋と御簾」

  回答内訳

23人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 2回

木瓜紋と御簾 (22回答、95%)
重ね扇と御簾 (0回答、0%)
剣片喰と御簾 (0回答、0%)
赤鳥と御簾 (1回答、4%)
 解説

「木瓜紋」は、地上の鳥の巣を表しており、鳥の巣から卵が孵化し小鳥たちが飛び立つことから子孫の反映を意味しています。

また、「御簾」とは宮殿や寺院で用いられる「すだれ」のことで、神の御加護に対する期待が込められています。

ちなみに選択肢にある「重ね扇」は松平(深溝)家.「剣片喰」は宇喜多家.「赤鳥」は今川家の家紋です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事