山陰の麒麟児とよばれ、尼子氏の再興を目指した武将は?

戦国時代の山陰地方では、尼子氏が繁栄していましたが一時滅亡しました。尼子氏の再興を目指した武将は誰でしょうか?

( 正解率は 92 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「山中鹿之介」

  回答内訳

25人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 2回

山中鹿之介 (23回答、92%)
陶晴賢 (1回答、4%)
吉川元春 (0回答、0%)
大内輝弘 (1回答、4%)
 解説

山陰の大名であった尼子氏は、1567年毛利氏の軍門にくだり一時的に滅亡。尼子氏の家臣であった山中鹿之介は、1567年僧籍にあった尼子勝久を還俗させて尼子氏再興を図ります。

一時的に尼子氏再興が成功しますが、1578年、山中鹿之介は上月城の戦いで捕らえられ、謀殺されてしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事