向こう傷の別名となった武将は?

氏康傷のイラスト

正面から受けた傷を向こう傷(むこうきず)と言い、強者の証とされています。 その別名にとある武将の名前が使われていますが、それはいったい誰でしょうか?

( 正解率は 69 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「北条氏康」

  回答内訳

109人 が回答済です

武田信玄(15回答)
13%
上杉謙信(3回答)
2%
北条氏康(76回答)
69%
真田昌幸(15回答)
13%

※未回答での閲覧回数は 48回

 解説

体の正面に受けた傷は向う傷と呼ばれ、戦いの中で敵に背を向けて逃げなかった証明だとして、強者の証だと昔から言われています。 そんな向う傷の別名を「氏康傷」と言うことがあります。

関東の戦国大名で知られる北条氏康は16歳で初陣に出てから、一度も敵に背を見せずに己の身で立ち向かい、一生で36度の勝利を上げたとされています。刀や槍でつけられた傷は7か所、顔には2か所の刀傷があったそうです。

 もっと詳しく知りたい

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事