秀吉がキリスト教を制限した政策とは?

織田信長は仏教勢力に対抗するため、キリスト教の布教活動を認めていました。それを受け継いだ豊臣秀吉ですが、1587年にキリスト教を制限する政策をとります。その政策とは何でしょうか?

( 正解率は 81 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「バテレン追放令」

  回答内訳

66人 が回答済です

宗門改(しゅうもんあらため)(2回答)
3%
禁教令(6回答)
9%
踏絵(4回答)
6%
バテレン追放令(54回答)
81%

※未回答での閲覧回数は 3回

 解説

1587年7月24日、現在の福岡県にあたる筑前国箱崎で、豊臣秀吉が発令した「バテレン追放令」。当初はキリスト教の布教を認めていた秀吉ですが、キリシタン大名の大村純忠が長崎をイエズス会の教会に寄付していることを知ったため、規制にのりだしました。

バテレン追放令が出された理由は諸説ありますが、領民へキリスト教への入信を強制させていた領主がいたことや、キリスト教を発展させるために神社や寺を破壊するものも少なくなかったようです。

また、一向一揆のようにキリスト教徒が蜂起して反乱を起こすことを恐れたためだとも考えられています。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事