伊達政宗は名物の茶碗を何故割った?

伊達政宗のイラスト91

伊達政宗の逸話に、名品の茶碗を庭石にたたきつけて割った、というものがあります。政宗は何故そんなことをしたのでしょうか?

( 正解率は 42 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「動揺したのが悔しかったから」

  回答内訳

61人 が回答済です

ニセモノだと気付いたから(14回答)
22%
他の人が欲しがったから(11回答)
18%
ひびが入ったのを隠したかったから(10回答)
16%
動揺したのが悔しかったから(26回答)
42%

※未回答での閲覧回数は 9回

 解説

ある日、政宗が自分の所持している名品の茶碗を見ようと思って手に取りました。 その時、うっかり手を滑らせて茶碗を落としかけたので、とても慌ててしまいました。茶碗は無事だったのですが、政宗はとても恥じ入りました。

「いくら名物だからと言って、落としかけただけでこんなに動揺するなんて無念でならない。今までこんなに驚くことはなかったのに、すごく高価だからと言うだけでこんなに驚かされたなんて、悔しくてならない。」

そうして、その茶碗を庭石にたたきつけて、こっぱみじんに砕き捨ててしまいました。

なんとも豪胆なエピソードです。

 もっと詳しく知りたい

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事