天守が黒漆で塗られ、別名「烏城」と呼ばれる城の名は?

岡山城の復元天守

全国に黒い外観を持つ城はいくつも存在します。天守が黒漆喰で塗られており、「烏城」の別名を持つ城とは、次のうちどれでしょうか?

( 正解率は 53 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「岡山城」

  回答内訳

43人 が回答済です

江戸城(0回答)
0%
熊本城(13回答)
30%
岡山城(23回答)
53%
松江城(7回答)
16%

※未回答での閲覧回数は 8回

 解説

豊臣秀吉の臣下として大大名となった宇喜多秀家ですが、8年の歳月をかけて完成させたのが岡山城でした。西向きに城を構え、背後を流れる旭川を天然の外堀として活用しています。

天守の壁には黒漆塗りの下見板が取り付けられたことから、最大の特徴として外観が黒く見えます。そのため烏城いわゆる「カラス」のように黒いと呼ばれました。

秀家の次に領主となった小早川秀秋もまた城や町のの整備に取り組み、江戸時代には岡山藩池田家の城下町として栄えました。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事