相模国の武将・大庭景親の源平合戦での立場は?

...

源平合戦では源頼朝が挙兵し、伊豆国、相模国、武蔵国などの多くの武士が頼朝に加担しました。さて、相模国の武将・大庭景親(おおば かげちか)も源平合戦に参加していますが、どのような立場だったのでしょうか?

( 正解率は 60 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「平氏の勢力に加担した」

  回答内訳

28人 が回答済です

源頼朝の勢力に加担した(4回答)
14%
源義仲の勢力に加担した(2回答)
7%
平氏の勢力に加担した(17回答)
60%
中立の立場で、事の成行きをうかがった(5回答)
17%

※未回答での閲覧回数は 0回

 解説

大庭景親は平氏側につき、挙兵した頼朝を討伐すべく弟・俣野景久とともに石橋山で頼朝軍を破りました。何とか逃げた頼朝は再び勢力を結集して挙兵、富士川の合戦で今度は平氏の軍勢を散々に破ります。大庭景親は降伏するも処刑されました。

※参考
  • 『延慶本平家物語全注釈』(汲古書院、2021年)


 記事でくわしく知りたい

 こんなクイズもあります