5度にわたったといわれる「川中島の戦い」で最大の激闘だったのは何回目?

5度にわたったといわれる「川中島の戦い」で最大の激闘だったのは何回目?

( 正解率は 95 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「4回目」

  回答内訳

20人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 1回

2回目 (1回答、5%)
3回目 (0回答、0%)
4回目 (19回答、95%)
5回目 (0回答、0%)
 解説

4回目の合戦では、双方が大きな戦果をあげれずに膠着状態の中、武田側の軍師・山本勘助の啄木鳥戦法を取り入れて仕掛けますが、上杉方が作戦を見破り、手薄の武田軍本陣に突入。武田信玄と上杉謙信の一騎討ちのエピソードはこのときの話です。

川中島合戦はこの4回目の合戦が最も凄まじく、両軍が多数の兵と名だたる将を失っており、双方が後に勝利を主張する程に激しいものであったといわれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事