立花誾千代と結婚した人物は?

北九州の大名大友氏の家臣、立花道雪の一人娘、立花誾千代(たちばな ぎんちよ)の結婚相手は誰でしょうか?

( 正解率は 48 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「高橋 統虎(むねとら)」

  回答内訳

25人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 1回

高橋 紹運(じょううん) (5回答、20%)
高橋 統増(むねます) (0回答、0%)
高橋 統虎(むねとら) (12回答、48%)
高橋 統重(むねしげ) (8回答、32%)
 解説

高橋統虎(むねとら)は、のちに「立花宗茂」と名乗り、西国無双と呼ばれる武将になります。当時の立花家には息子がおらず、代わりに家督を継いでいた誾千代と結婚して婿養子となりました。その後、宗茂が立花家の家督を継ぎました。

なお、高橋紹運は、統虎の父親で立花道雪と同じ大友氏の家臣でした。また、統増は紹運の次男、統重は紹運の三男です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事