本能寺の変の後、豊臣秀吉と明智光秀が戦った合戦とは?

天王山から見下ろした山崎古戦場

本能寺の変における織田信長の死後まもなく、仇討のために羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)が明智光秀と戦いましたが、その合戦は次のうち、どれでしょうか。

( 正解率は 86 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「山崎の戦い」

  回答内訳

44人 が回答済です

小牧・長久手の戦い(2回答)
4%
賤ヶ岳の戦い(3回答)
6%
山崎の戦い(38回答)
86%
姉川の戦い(1回答)
2%

※未回答での閲覧回数は 10回

 解説

「山崎の戦い」は天正10(1582)年に本能寺の変で殺害された織田信長の仇討のため、豊臣秀吉が明智光秀と戦った弔い合戦です。また、天王山の麓が主戦場となったことから「天王山の戦い」とも呼ばれています。

この戦いで秀吉は約4万の軍勢で明智軍を壊滅に追い込みました。光秀は再起を図るため撤退。 しかし、その途中で落ち武者狩りに命を奪われました。 山崎の戦いに勝利した秀吉は、織田家中での地位を優位なものにしました。

 もっと詳しく知りたい

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事