山中鹿之介の首塚はどこにある?

尼子家家臣の山中鹿之介は、尼子家の再興をはかり、何度も戦いますが、最後は捕えられて今の岡山県で殺されてしまいます。 さて、鹿之介の首塚はどこにあるのでしょうか?

( 正解率は 37 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「広島県福山市」

  回答内訳

85人 が回答済です

岡山県高梁市(21回答)
24%
島根県安来市(23回答)
27%
広島県福山市(32回答)
37%
兵庫県佐用町(9回答)
10%

※未回答での閲覧回数は 5回

 解説

山中鹿之介は尼子家の家臣で、尼子家再興のために「我に七難八苦を与えたまえ」と三日月に祈ったエピソードで有名な武将です。

鹿之介は尼子家再興のため、今日とで僧をしていた尼子勝久を還俗させ、何度も毛利家と戦います。 しかし、最後は上月城を毛利軍に包囲されて降伏。主君の尼子勝久は切腹、鹿之介も捕まって毛利輝元の下へ連行される途中、岡山県高梁市で毛利家臣に謀殺されました。

その後、鹿之助介の首塚は備中松山城から広島県福山市の鞆城に送られ、首塚に埋葬されたと伝えられています。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事