細川ガラシャの「ガラシャ」の意味は?

教会内の写真

明智光秀の娘・細川ガラシャの「ガラシャ」は、スペイン語の"Gracia"、あるいはラテン語の"Gratia"ですが、その意味は次のうち、どれでしょうか?

( 正解率は 32 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「恵み」

  回答内訳

133人 が回答済です

幸せ(13回答)
9%
恵み(43回答)
32%
信仰(28回答)
21%
慈悲(49回答)
36%

※未回答での閲覧回数は 14回

 解説

明智光秀の娘で知られる細川ガラシャの「ガラシャ」は本名ではなく、洗礼名です。彼女の本名は「たま」ないしは「玉子」が正式なものとされています。

光秀の謀反により、逆臣の娘となった「たま」はその後2年ほどの幽閉期間を経て、夫の細川忠興の監視の下で細川家の大坂屋敷に戻り、キリスト教の信仰に関心をもつようになったとみられます。

天正15年(1587年)、たまは秀吉の九州征伐(島津攻め)によって夫の忠興が九州に出兵した際、ひそかに「ガラシャ」という洗礼名を受け、キリシタンとなっています。

 もっと詳しく知りたい

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事