本能寺の変後、瀬田唐橋を焼き落とし、明智軍の進軍を邪魔した人物は?

本能寺の変の後、明智光秀は信長の本拠・安土城に向かいましたが、それを阻止するために瀬田唐橋を焼き落とした瀬田城主は誰でしょうか?

( 正解率は 54 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「山岡景隆」

  回答内訳

24人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 2回

筒井順慶 (4回答、16%)
細川忠興 (5回答、20%)
織田信孝 (2回答、8%)
山岡景隆 (13回答、54%)
 解説

瀬田川にかかる瀬田唐橋は「唐橋を制する者は天下を制す」と言われ、古来より交通の要所であり軍事拠点でもありました。

信長に対する忠誠心の強い山岡景隆は、光秀から自軍への参加を誘われるも、これを拒否して光秀の進軍を阻止すべく瀬田の唐橋と瀬田城を焼きました。

橋の修復で生じた遅れが、光秀軍に大きな影響を与えることになったと言われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事