平安時代の女武者・巴御前の主君は誰?

...

巴御前(ともえごぜん)といえば、源平合戦(治承・寿永の乱、1180~1185年)に参加したという伝説の女武者ですが、彼女は誰に仕えていたのでしょうか?

( 正解率は 79 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「木曾義仲」

  回答内訳

62人 が回答済です

源頼朝(6回答)
9%
源義経(7回答)
11%
木曾義仲(49回答)
79%
平宗盛(0回答)
0%

※未回答での閲覧回数は 6回

 解説

『平家物語』の中で、巴御前は木曽義仲の愛妾で、義仲とともに戦った女武者として描かれています。

巴御前は、頼朝軍に敗れ逃げる義仲に最後まで従いましたが、義仲の説得をうけて戦線離脱しました。伝説では尼になったとも、和田義盛の妻になったともいわれています。

確実な史料に巴御前の名前はありませんが、同時代の板額御前のように実在が確認できる女武将もいたので、一概に創作とは言えないかもしれません。なお、源頼朝の妻は北条政子、義経の妻で有名な人物には静御前がいます。

※参考
  • 『平家物語』(日本古典文学全集、小学館、1975年)


 記事でくわしく知りたい

 こんなクイズもあります