丁寧に歴史を追求した "本格派" 戦国Webマガジン

今川義元が行なった領地繁栄のための政策とは?

桶狭間の戦いで信長で討ち取られたことで有名な今川義元ですが、彼の制定した「今川仮名目録追加」に基づいて、領地繁栄のために行なった政策とは次のうち、どれでしょうか?

( 正解率は 40 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「検地」

  回答内訳

20人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 0回

楽市楽座 (2回答、10%)
検地 (8回答、40%)
兵農分離 (10回答、50%)
刀狩り (0回答、0%)
 解説

今川義元が制定した「今川仮名目録追加」は、父親の定めた法律に加えた、戦国大名が領国内に通用する法律として定めた分国法です。現在で例えるならば、都道府県が各々定める条例のようなもので、その中で今川義元は検地をたびたび実施しています。

そもそも検地は、領地の人口や土地の広さ、作物の収穫量等を調べることで、税収の把握、軍隊の組織を可能するなど、領国経営の基本的な政策です。義元は今川家の最大版図を築き上げ、駿河・遠江・三河の三国を領有しますが、検地を多く行なって自国の財政基盤を確固たるものにしていったのです。

検地と言えば、豊臣秀吉の行なった太閤検地が有名かも知れませんが、今川義元は早い段階から検知を行なっていたようで、この点で義元は歴史研究家からも評価されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事