丁寧に歴史を追求した "本格派" 戦国Webマガジン

関ヶ原の戦いのときの薩摩島津家の当主は誰?

関ヶ原合戦の際、島津義弘が西軍に参加したことはよく知られていますが、実のところ、彼は島津家の当主ではありませんでした。では当時の島津家の当主とは誰でしょうか?

( 正解率は 73 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「島津義久」

  回答内訳

19人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 0回

島津斉彬 (1回答、5%)
島津義久 (14回答、73%)
島津貴久 (3回答、15%)
島津一(かつ) (1回答、5%)
 解説

関ヶ原合戦当時の当主だった島津義久は義弘の兄です。関ケ原の戦いでは、義弘は兄義久に援軍の要請をしますが、義久は援軍を送りませんでした。

ちなみに島津斉彬は幕末に西郷隆盛を重用し、公武合体を推し進めた名君で、島津一(かつ)は天璋院篤姫の幼名です。篤姫は島津出身でありながら徳川家を守った人として知られています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事