上杉謙信が上杉憲政から譲られた役職とは?

鶴岡八幡宮

越後の国主となった上杉謙信は、北条氏によって関東を追われた上杉憲政を保護。後にその憲政から、とある役職を譲られ、鎌倉の鶴岡八幡宮にて、その役職の就任式を行なっています。さて、謙信が就いた「その役職」とは何でしょうか?

( 正解率は 79 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「関東管領」

  回答内訳

49人 が回答済です

副将軍(1回答)
2%
鎌倉公方(1回答)
2%
越後守護(8回答)
16%
関東管領(39回答)
79%

※未回答での閲覧回数は 6回

 解説

北条氏の台頭によって相模・武蔵と領土を奪われつつあった山内・扇谷上杉氏ですが、天文15年(1546年)の河越夜戦で惨敗を喫したことにより、その信望は地に落ちました。

やがて北条氏は勢力をますます拡大し、憲政は次第に北関東へと追い詰められいきました。天文21年(1552年)、ついに本拠地の平井城を攻略された憲政は、長尾景虎(のちの謙信)を頼り、越後へ逃れます。

その後、景虎を養子として復権を目指しますが、小田原城攻めの直後、鎌倉鶴岡八幡宮で管領職を譲り、景虎を上杉政虎と名乗らせて隠退しました。

 もっと詳しく知りたい

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事