食が細かった三代将軍・徳川家光のため、春日局が行った食育とは?

...
江戸幕府3代将軍・徳川家光は虚弱体質で食の細い子どもでした。そこで乳母の春日局は ”ある方法” を考え出しました。その食育の方法とは次のうち、どれでしょうか? ( 正解率は 40 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「七種類の七色飯を用意した」

  回答内訳

100人 が回答済です

完食したらめちゃくちゃホメた(29回答)
28%
七種類の七色飯を用意した(39回答)
39%
キャラ弁を作った(14回答)
14%
栄養14品目すべてをおかずに入れた(17回答)
17%

※未回答での閲覧回数は 17回

 解説

 七種類のご飯を用意して、家光に好きなものを選ばせたのだとか。

 小豆、麦、粟、抹茶などのトッピングのほか、一度ご飯を洗ってぬめりをとった湯取飯、お米を砕いて食べやすくした引割飯、一度炊いたご飯を乾燥させたものをお湯で戻した乾飯など、手間暇をかけた七種類のご飯を用意したそうです。

 まさに春日局の献身がうかがえるメニューです。


 記事でくわしく知りたい

 こんなクイズもあります