秀吉が作った超大型の金貨の名は?

豊臣秀吉によって作られた大型の金貨は何と呼ばれていますか?

( 正解率は 47 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「天正大判」

  回答内訳

73人 が回答済です

天正大判(35回答)
47%
豊臣大判(3回答)
4%
慶長大判(20回答)
27%
太閤大判(15回答)
20%

※未回答での閲覧回数は 4回

 解説

天正大判は豊臣秀吉が1588年より作らせた超大型の金貨で、かなり上質な金の含有量を誇っていたと言われています。これ一枚で小判10枚分に相当する価値があると認定して発行しました。米にして四十石分でもあります。

用途としては一般に流通したというワケではなく、武功を上げた者への恩賞として用いられたようです。ちなみに現在でも実物がしっかりと現存しているものでもあります。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事