「小田原評定」はどの軍の会議?

会議イラスト

戦国時代の故事から生まれた「小田原評定(おだわらひょうじょう)」。いつまでたっても結論の出ない会議や相談のたとえですが、戦国時代にこの「小田原評定」をしたのは、どの軍でしょうか?

( 正解率は 64 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「北条軍」

  回答内訳

70人 が回答済です

徳川軍(7回答)
10%
伊達軍(1回答)
1%
北条軍(45回答)
64%
豊臣軍(17回答)
24%

※未回答での閲覧回数は 6回

 解説

北条軍が行なった小田原評定。「評定」とは会議のことで、「小田原」は北条氏の本拠である小田原城を指します。

天正18(1590)年、ほぼ天下を掌握しつつあった豊臣秀吉が、いつまでも自分に従わない北条氏に大連合軍で攻めかかりました。 北条氏は難攻不落の小田原城に立てこもり耐えますが、勝利の道筋は見えません。 果たしてこのまま戦い続けるべきか、和平・降参を申し出るべきか、連日城内では結論の出ない会議が続いたと言われています。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事