徳川家康のオランダ人家臣から、名前が付いた街は?

ヤンヨーステンの記念碑(東京都中央区京橋)

東京都内には、徳川家康に仕えたオランダ人の屋敷があり、その人物の名前がなまって地名となった場所があります。さて、その地名とは、次のうちどれでしょうか?

( 正解率は 35 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「八重洲」

  回答内訳

17人 が回答済です

八重洲(6回答)
35%
三鷹(2回答)
11%
恵比寿(3回答)
17%
日暮里(6回答)
35%

※未回答での閲覧回数は 4回

 解説

東京には、家康が作った町づくりに由来する名前がたくさんあります。

東京都中央区にある八重洲(やえす)は、家康の家臣でオランダの貿易家ヤン・ヨーステンが、家康より江戸に住居をもらい住んだことから地名の由来となっています。ヤン・ヨーステンがなまって、八代洲河岸もしくは、八重洲河岸となり、八重洲という地名ができたようです。

このヤン・ヨーステンは、慶長5(1600)年にオランダ船リーフデ号で豊後佐志生に漂着しました。この船には、イギリス人のウィリアム=アダムズこと三浦按針(みうらあんじん)が、水先案内人として乗っており、彼も家康に仕え、外交顧問となり、その後相模三浦郡に領地を与えられています。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事