大坂の陣のあと、豊臣秀頼の娘はどうなった?

...

大坂夏の陣で豊臣家は滅亡しますが、その後、豊臣秀頼の娘はどうなったのでしょうか?

( 正解率は 63 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「出家して尼となった」

  回答内訳

320人 が回答済です

罪を問われて処刑された(33回答)
10%
徳川御三家に嫁いで天寿を全うした(74回答)
23%
マニラへ追放されてキリシタンとなった(9回答)
2%
出家して尼となった(204回答)
63%

※未回答での閲覧回数は 49回

 解説

元和元年(1615年)、大坂城が落ちて豊臣秀頼が自害したことにより豊臣家は滅亡します。しかし秀頼には娘が一人いました。

秀頼の正室・千姫の必死の嘆願によって除名された娘は、家康の命により7歳で出家。鎌倉の東慶寺に入れられます。のちに東慶寺20世となり、天秀尼(てんしゅうに)と称しました。

会津騒動の際、出奔した堀主水の妻を守り抜いた天秀尼は、昭和55年に「神奈川県百傑」に選ばれています。


 こんなクイズもあります