宣教師・ルイスフロイスの秀吉評で、秀吉に足りなかったものとは?

...

宣教師・ルイスフロイスが著した『日本史』の中で、秀吉は「優秀な武将で戦闘に熟練していたが、●●に欠けていた。」と評されています。さて、秀吉に欠けていた ●● に入る文字とは一体何でしょうか?

( 正解率は 72 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「気品」

  回答内訳

158人 が回答済です

判断力(8回答)
5%
勇敢さ(16回答)
10%
慎重さ(19回答)
12%
気品(115回答)
72%

※未回答での閲覧回数は 20回

 解説

キリスト教宣教師のルイスフロイスは戦国時代当時、日本でキリスト教の布教活動を行い、 織田信長や豊臣秀吉らと会見しています。

彼の著書『日本史』の中で、秀吉は「気品」に欠けていたと評されています。その他、

  • 抜け目なき策略家であった
  • 極度に淫蕩(いんとう)で、悪徳に汚れ、獣欲に耽溺していた。
  • 彼は本心を明かさず、偽ることが巧みで、悪知恵に長け、人を欺くことに長じているのを自慢としていた。
  • ほとんど全ての者を汝(うぬ)、彼奴(きゃつ)呼ばわりした。

といったことも書かれています。


 記事でくわしく知りたい

 こんなクイズもあります