国外に追放されたキリシタン大名は?

高岡城跡(富山県高岡市)にある高山右近の像

キリスト教の信仰を捨てることを拒み、江戸幕府が出した禁教令によって国外追放となり、マニラで没したキリシタン大名は誰でしょうか?

( 正解率は 78 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「高山右近」

  回答内訳

89人 が回答済です

高山右近(70回答)
78%
大友宗麟(7回答)
7%
小西行長(10回答)
11%
蒲生氏郷(2回答)
2%

※未回答での閲覧回数は 10回

 解説

キリシタン大名として有名な高山右近は、荒木村重・織田信長・豊臣秀吉らに仕えた武将です。茶の湯への造詣が深いことでも知られ、茶聖千利休の七人の高弟「利休七哲」の一人にも数えられています。

幼くしてキリスト教の洗礼を受け、ジュストの洗礼名を得ます。豊臣政権下では秀吉によるバテレン追放令が出されたときは、領地や財産を捨ててまで信仰を守りました。

のちに江戸幕府が禁教令を敷くと、家族と共にフィリピンのマニラに行くも、まもなくして病となり、その地で生涯を終えました。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事