城と寺を結ぶ「ビスタライン」とは?

ビスタラインのイラスト

愛知県にある岡崎城と大樹寺は、徳川家光の手によって「ビスタライン」というもので結ばれています。 これはいったいどういうことでしょうか?

( 正解率は 45 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「寺の門から天守が目視できる」

  回答内訳

37人 が回答済です

夏至の日に太陽が真上を通る(9回答)
24%
寺の門から天守が目視できる(17回答)
45%
運河で繋がっている(1回答)
2%
秘密の地下道がある(10回答)
27%

※未回答での閲覧回数は 3回

 解説

ビスタとは眺望や展望を意味する言葉です。この名称自体は近年につけられた愛称や通称です。 岡崎城から大樹寺までは約3㎞の距離がありますが、その途中に眺望を邪魔するような大きな建物がありません。そのため、寺の総門と山門を通して、城の天守閣がきれいに目視できるようになっています。

岡崎城は徳川家康の生誕の地で、大樹寺は徳川家の祖である松平家の菩提寺です。嘉永18(1641)年に徳川幕府3代将軍の家光が、大樹寺の伽藍の大造営を行った際に、「菩提寺から祖父生誕の地を望めるように。」と伽藍を今の位置に配置しました。 それ以来、実に380年の間、この歴史的眺望は守られ続けています。

実はこの眺望を守ってきたのは、家光の思いを残すために、地元の人々が自分達で配慮してきたからなのだそうです。現に、景観を守るための強制力のある規制が出来たのは平成30(2018)年とつい最近のことなのです。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事