後北条氏に仕えた忍者集団は?

忍者イラスト

戦国時代、各地の戦国大名は情報収集、戦時における相手の撹乱、武将の暗殺などの目的で忍者集団を雇っていたと言われています。さて、北条五代で知られる関東の後北条氏に仕えたという忍者集団は次のうちどれでしょうか?

( 正解率は 82 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「風魔」

  回答内訳

143人 が回答済です

伊賀(10回答)
6%
風魔(118回答)
82%
甲賀(14回答)
9%
雑賀(1回答)
0%

※未回答での閲覧回数は 9回

 解説

後北条氏に仕えた風魔忍者は、関東における後北条氏の発展に貢献したと言われています。

その役目は、諜報、偵察、謀略、放火、流言を広める、など多岐に渡りました。風磨忍者の頭目(とうもく)は代々「風魔小太郎」を名乗り、特に5代目の風魔小太郎が戦闘において活躍したと言われています。

『北条五代記』には、「その姿は、身の丈七尺二寸(2メートル16センチ)、筋骨荒々しく、むらこぶあり、眼はさかさまに逆け、黒ひげにて、口は両脇に広く裂け、牙四つ外に外れ、頭は福禄寿に似て鼻高し・・・」と記載されています。

後北条氏滅亡後は、風魔忍者たちは主君を失い、徳川家康が江戸に幕府を開いた後は野盗などになって暗躍したとか。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事