自然石をうまく組み合わせた石垣の積み方を何と言うか?

浜松城の石垣

お城の石垣の積み方で、自然石をほとんど加工せず、互いにうまく組み合わせた積み方は何と呼ばれているでしょうか?

( 正解率は 56 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「野面積み」

  回答内訳

39人 が回答済です

打ち込みハギ(4回答)
10%
切り込みハギ(3回答)
7%
算木積み(10回答)
25%
野面積み(22回答)
56%

※未回答での閲覧回数は 5回

 解説

安土桃山時代までは、自然石を加工せずにうまく積み上げた「野面積み」が一般的でした。

加工しないぶん工期やコストが抑えられることがメリットです。 しかしうまく積むために相応の技術が必要となりますし、高く積むことができないため、敵に登られやすいというデメリットもありました。

秀吉時代になると「打ち込みハギ」が取って代わり、江戸時代には「切り込みハギ」が一般的となりました。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事