戦国時代の食事の回数は?

現代人の多くが、朝昼晩の1日3回の食事を摂ります。人によっては朝食無しの1日2回の方もいらっしゃるでしょう。現代人より身体を酷使する事が多かった戦国時代。1日の食事の一般的な回数は何回だったでしょうか?

( 正解率は 75 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「2回」

  回答内訳

88人 が回答済です

1回(6回答)
6%
2回(66回答)
75%
4回(5回答)
5%
5回(11回答)
12%

※未回答での閲覧回数は 7回

 解説

1日に3回の食事が定着したのは江戸時代です。戦いに明け暮れる戦国時代なのに1日2食で体が持つのか、と疑問に思ってしまいますが、量が多かったようです。

中には1日に米を5合も平らげた人物もいたようです。5合といえば、約750g(1合で約150g)、炊飯すると1合あたり約350gになるため、実に1日に1.75kgも米を食べていたことになります。

1日3回が江戸時代に定着したのは、「お腹を満たす」から「食を楽しむ」という考えに変化して広まっていったから、とも言われています。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事