三河一向一揆で一揆軍に加担し、家康と敵対した武将は誰?

月岡芳年筆「大樹寺御難戦之図 三河後風土記之内」

家康の家臣には一向衆門徒も多くいました。永禄6(1563)年に勃発した三河一向一揆のとき、一揆軍に加担して家康と対立する道を選んだ武将は次のうち誰でしょうか。

( 正解率は 77 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「本多正信」

  回答内訳

62人 が回答済です

石川家成(3回答)
4%
石川数正(9回答)
14%
本多正信(48回答)
77%
本多忠勝(2回答)
3%

※未回答での閲覧回数は 7回

 解説

江戸幕府で徳川家康や秀忠の側近として権勢をふるった本多正信。文官のイメージが強いですが、彼が若いころに勃発した三河一向一揆の際には、一揆方に味方して家康に背き、その後は家康の下を離れて諸国を流浪しています。

キッカケや時期はハッキリしないのですが、その後は再び家康に許されて徳川家臣となり、力を発揮して江戸時代には老中にまで登り詰めています。

 もっと詳しく知りたい

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事