織田信長に気に入られるため、若き頃の豊臣秀吉が行ったことは?

豊臣秀吉の女性観イラスト

豊臣秀吉は織田信長に小者として仕えていた頃、あることをして気に入られた逸話があります。 さて、それはどんなことでしょうか。

( 正解率は 91 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「信長の履いていた草履を温めた」

  回答内訳

61人 が回答済です

信長のことを褒めちぎった(2回答)
3%
信長の刀を磨いた(1回答)
1%
信長の履いていた草履を温めた(56回答)
91%
信長の良い評判を言いふらした(2回答)
3%

※未回答での閲覧回数は 9回

 解説

この行為は豊臣秀吉が織田信長の草履取りとして仕え、夜な夜な女部屋に忍んでいた信長の草履を温めていた秀吉の気遣いを示した逸話です。ただ、この話は江戸中期の読本で初めて出てくるため、残念ながら信ぴょう性は薄いです。

また、読本を参考にしているので、史料によっては草履の温め方は懐であったり、背中であったりと様々な見解にわかれていることも事実。それでもこの話からは、秀吉の機転が利いたことが信長から認められ出世していくことができたと読み取れます。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事