伊達政宗の肖像画を見ると、両目が描かれているものがほとんど。それはなぜ?

伊達政宗の肖像画(狩野安信 画、仙台市博物館 蔵)

残されている伊達政宗の肖像画には、両目が描かれているものがほとんどです。それはなぜでしょうか?

( 正解率は 66 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「政宗が自ら両目を望み、遺言したから」

  回答内訳

48人 が回答済です

絵師が忖度したから(6回答)
12%
絵師が政宗の独眼を知らなかったから(5回答)
10%
政宗が自ら両目を望み、遺言したから(32回答)
66%
政宗は実は独眼ではなかったから(5回答)
10%

※未回答での閲覧回数は 6回

 解説

戦国時代を生き抜き、仙台藩62万石の藩祖となった伊達政宗ですが、幼い頃に疱瘡(天然痘)に罹って右目を失明しました。

こうして隻眼(独眼)となった政宗ですが、失明したことを生涯恥じ、「自分の肖像を作る時は必ず両目を入れよ」と遺言したそうです。

そのため政宗の肖像は、いずれも両目を見開いた形になっているのです。ちなみに政宗が眼帯をしていたという史料は確認されていません。

 もっと詳しく知りたい

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事