大内義長の実兄って誰?

大内義長のイラスト

周防国の大内氏最後の当主となった大内義長。彼の母は大内氏の出ですが、父は別の氏族であり、彼の実兄は著名な戦国武将です。さて、その実兄とは誰でしょうか。

( 正解率は 68 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「大友宗麟」

  回答内訳

19人 が回答済です

尼子晴久(3回答)
15%
毛利元就(2回答)
10%
大友宗麟(13回答)
68%
立花道雪(1回答)
5%

※未回答での閲覧回数は 2回

 解説

大内義長は大友義鑑(よしあき)の次男であり、豊後大友氏の血もひいています。また、兄の大友宗麟はキリシタン大名で、大友氏の全盛期を築いた人物として知られています。

1551年に大内氏の当主・大内義隆が重臣の陶晴賢のクーデターによって討たれると、義長が大内家の当主に。ただし、実権は陶晴賢が握っていたようで、義長は傀儡であったと考えられています。

1555年には、その陶晴賢も大内氏の傘下にあった毛利元就との戦いに敗れ、大内氏は没落の一途をたどります。毛利軍に攻め込まれ、2年後の弘治3(1557)年に義長は自害。これにより名門・周防大内氏は滅びました。

ちなみに兄の大友宗麟は、こうした状況で義長を見殺しにしていました。 宗麟は毛利氏と「毛利の大内氏攻めに手を出さない代わりに、豊・筑地方は好きにしていい」という密約を結んでいたようです。

 もっと詳しく知りたい

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事