清洲城で織田信長に殺された弟の名は?

織田信行のイラスト

織田信長の後継者を決める「清須会議」の場所として知られる清洲城。生前、信長はこの城で謀反を起こした弟を殺してしまいます。さて、信長が殺した弟とは次のうち誰でしょうか。

( 正解率は 65 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「織田信勝(のぶかつ)」

  回答内訳

96人 が回答済です

織田信勝(のぶかつ)(63回答)
65%
織田信包(のぶかね)(6回答)
6%
織田信治(のぶはる)(11回答)
11%
織田信興(のぶおき)(16回答)
16%

※未回答での閲覧回数は 12回

 解説

織田信勝は信長のすぐ下の同母の弟で、織田家の主となるべく、信長に謀反を起こした人物として知られています。

『信長公記(しんちょうこうき)』によれば、信勝は一度目の謀反(1556年の稲生の戦い)を起こした際は、信長に許されました。しかし、再び謀反を企むと、家臣の柴田勝家によってその旨を信長に報告されます。

このころ信勝は津々木蔵人(つづきくらんど)を可愛がっており、その蔵人が勝家をないがしろに扱い、不満を持った勝家は信長に告げ口をしたようです。

そして1558年、信長は病気のふりをして、清洲城に見舞いにきた信勝を殺害したといいます。

 もっと詳しく知りたい

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事