丁寧に歴史を追求した "本格派" 戦国Webマガジン

織田信長に2度も反逆し、自決した武将は?

織田信長に2度も謀反を起こし、最期は自らの城に火を放って自害したというエピソードをもつ武将はだれでしょう。

( 正解率は 92 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「松永久秀」

  回答内訳

28人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 1回

明智光秀 (0回答、0%)
柴田勝家 (1回答、3%)
松永久秀 (26回答、92%)
浅井長政 (1回答、3%)
 解説

松永久秀は織田家の武将で名器を所有する武将でしたが、2度も信長に背き、その最期は信長に「平蜘蛛茶釜を渡せば 罪を許す」と言われながらも、この申し出を拒否して自害したといわれています。

ちなみに明智光秀は本能寺の変で信長を亡き者にしましたが、謀反はこの1回限りです。また、柴田勝家もかつて信長の家督争いに絡んで1度だけ信長に背いています。ただ、その後は忠節を尽くし、重臣として重用されました。信長死後は羽柴秀吉と対立し、敗れて自害しています。

北近江の大名である浅井長政は信長の妹・お市を妻とし、当初は信長と良好な関係がありました。しかし、信長の朝倉攻めをきっかけに離反し、最期は信長に滅ぼされています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事