「伊達者」とは、どんな人のこと?

伊達政宗のイラスト90

伊達家の家臣たちを表現するものとして「伊達者」という言葉があります。いったいどんな人のことを呼ぶのでしょう?

( 正解率は 79 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「きらびやかで派手な人のこと」

  回答内訳

91人 が回答済です

勇猛果敢な人のこと(17回答)
18%
きらびやかで派手な人のこと(72回答)
79%
大騒ぎする人のこと(1回答)
1%
臆病な人のこと(1回答)
1%

※未回答での閲覧回数は 8回

 解説

文禄元年(1592年)2月、伊達政宗は朝鮮出兵に際して、見事な軍装を施した軍勢を引き連れて上洛しました。幟には紺地に金の日の丸が描かれており、みんな黒塗りに金地の具足を着用していたとも。

特に目立ったのが家臣の遠藤宗信と原田宗時の2人で、1間半(約2.7メートル)もある太刀を身に着けていたそうです。また太刀の真ん中には金物が打ち付けられ、肩から金の鎖で吊り下げていました。

見物にやって来た群衆は賞賛の言葉を口にし、会話が通じないほどの喧騒ぶりだったそうです。それ以来、きらびやかで派手な人のことを「伊達者」と呼ぶことが定着したそうです。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事