兄弟(異母含む)を殺していない武将は?

戦国時代は、親兄弟とも争いが絶えない時代でした。次のうち、異母を含む兄弟での争いをしなかった武将は誰でしょうか?

( 正解率は 75 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「武田信玄」

  回答内訳

24人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 1回

織田信長 (0回答、0%)
今川義元 (3回答、12%)
武田信玄 (18回答、75%)
伊達政宗 (3回答、12%)
 解説

武田信玄は、父親を追放し、嫡男を幽閉して自害に追い込んでいますが、兄弟とは仲良く、弟の信繁は父親の追放に協力しており、第四次川中島の戦いで戦死するまで信玄に尽くしています。

他の三人はいずれも家督争いをしています。織田信長と伊達政宗は、ともに母親が弟を寵愛し、弟を家督につけようとしたため、同母の弟を殺害しています。

今川義元も家督争いで異母兄と争っています。こちらは近年の研究では、家督争いというよりも、今川氏の勢力を大きく二分した「政権抗争」という捉え方が有力視されているようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事