毛利元就が埋めた石碑の言葉は?

吉田郡山城の毛利元就銅像

城の拡張工事の際、毛利元就がとある言葉を刻んだ石碑を埋めたという逸話があります。 なんという言葉だったのでしょうか?

( 正解率は 62 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「百万一心」

  回答内訳

8人 が回答済です

百万一心(5回答)
62%
大一大万大吉(0回答)
0%
南無三宝(2回答)
25%
欣求浄土(1回答)
12%

※未回答での閲覧回数は 1回

 解説

毛利元就は吉田郡山城(よしだこおりやまじょう)の拡張工事の際、人柱の代わりにこの文字を掘らせた石柱を土中に埋めたといわれています。人柱というのは、工事の安全と、完成後に建物が丈夫になるようにと、土中や水中に生きたままの人を埋めるという風習です。

吉田郡山城の百万一心の石碑
吉田郡山城の百万一心の石碑(出所:wikipedia

意味としては、百の字を一と日に分解して、万の字を一と力に分解して、「一日一力一心」として、「日を同じくし、力を同じくし、心を同じくすれば、何事でもなし得られる。」という、団結を説く言葉です。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事