江戸時代の髪形、ちょんまげはなぜ生まれた?

...

江戸時代の男性の髪形であるちょんまげは、頭頂部を剃り上げて結いますが、一体なぜこんな髪形が生まれたのでしょう?

( 正解率は 62 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「兜で頭が蒸れないため」

  回答内訳

131人 が回答済です

兜で頭が蒸れないため(82回答)
62%
頭を剃ることで功徳がつめたから(15回答)
11%
髪をまとめやすくするため(26回答)
19%
宣教師の髪形を真似た(8回答)
6%

※未回答での閲覧回数は 18回

 解説

ちょんまげはもともと、武士が兜をかぶった時、頭が蒸れてのぼせるのを防ぐためでした。江戸時代になってから、その髪形が庶民にも広がっていったのです。頭部を剃った部分のことを「月代(さかやき)」といいます。西洋でも、修道士が同調部を剃るトンスラという髪形をしていました。


 こんなクイズもあります