戦国時代の槍の使い方

戦国時代の槍で足軽たちが持っていた一般的な長さとされていたのはどのくらいでしょう?

( 正解率は 4 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「8m」

  回答内訳

21人が回答済 (※未回答での閲覧回数は 2回

2m70cm (6回答、28%)
3m60cm (7回答、33%)
6m (7回答、33%)
8m (1回答、4%)
 解説

戦国時代の足軽の持っていた槍の長さは、一般的に約6mと言われています。ただ、槍は槍の先端で相手を突いて倒すというより、その長さを使って相手を叩く事で相手を倒した事があったようです。

6mの棒を振り下ろしたり、振り回したら相手にかなりのダメージを与える事が出来ます。また、槍は担架の代わりにしたり、梯子を作ったりして、戦いの武器以外の使い方もあったようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事