島津義久が自らを戒めるためにしていたことは?

島津義久のイラスト

九州の薩摩国の武将・島津義久は、自分が悪事に手を染めないようにと、あるものを飾って自戒していたというエピソードがあります。一体何を飾っていたのでしょうか?

( 正解率は 18 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「悪人の絵」

  回答内訳

66人 が回答済です

悪人の絵(12回答)
18%
地獄の絵(21回答)
31%
家臣の遺髪(20回答)
30%
仏像(13回答)
19%

※未回答での閲覧回数は 9回

 解説

『名将言行録』によると、義久は居間に日本や中国の絵をいくつも飾っていました。それらはすべて、国や家を滅ぼした悪行無道の人物の絵だったそうです。

義久は常に「良い行いを5つ真似するのは簡単なことだが、悪い行いを1つ無かったことにするのは簡単なことではない。古今東西の悪事を良く見聞きして、それをしないように心得ておけば、良い行いなど自然と出来るものだ。」と言って、自分の子供にも教え諭していたそうです。

つまり、こうなってはいけないという悪い見本として、悪人の絵を飾っていたのでした。

 もっと詳しく知りたい

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事