関ヶ原の戦いの地「関ケ原」は現在のどこにある?

...

天下分け目の戦いとして名高い「関ヶ原の戦い」は、日本の武将の多くが東軍、西軍にいずれかに属した、まさに天下を二分する合戦でした。そんな戦いの部隊となった関ヶ原は、現在の都道府県でいうと、どこにあったのでしょうか?

( 正解率は 78 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「岐阜県」

  回答内訳

154人 が回答済です

大阪府(6回答)
3%
滋賀県(16回答)
10%
愛知県(11回答)
7%
岐阜県(121回答)
78%

※未回答での閲覧回数は 23回

 解説

慶長5(1600)年に天下分け目の戦いが行われた関ヶ原は、現在の岐阜県にあります。岐阜県の南西端で滋賀県との県境にあり、東山道の不破関(ふわのせき)があったことから、「関所のある原っぱ」で「関ヶ原」と呼ばれだしたようです。

現在は町名にもなっており、「関ケ原」と真ん中の「ケ」は大きく書くのが正式です。不破関は畿内から東国へ行くための関門となっていました。古くは天武天皇元年(672年)に起きた壬申の乱でも天下を分ける戦いの舞台となりました。


 こんなクイズもあります