『甲陽軍鑑』が記した武田勝頼の評価とは、以下のうちどんなもの?

武田勝頼の肖像画

甲斐武田家の最大版図を築くも、最後は織田信長に滅ぼされた武田勝頼。『甲陽軍鑑』によると勝頼の評価とはどのようなものだったのでしょうか?

( 正解率は 54 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「強すぎたる大将」

  回答内訳

100人 が回答済です

強すぎたる大将(54回答)
54%
弱すぎたる大将(21回答)
21%
花も実もある大将(10回答)
10%
卑怯未練な大将(15回答)
15%

※未回答での閲覧回数は 11回

 解説

『甲陽軍鑑』は春日虎綱が長篠での敗戦のあと、若い勝頼のために書き綴ったということになっています。そして勝頼のことを暗に「強すぎたる大将」と評価しているのです。

勇猛で機知に富み、知恵も人より優れているものの、強みが過ぎて思慮分別がなく、10のうち10まで勝とうとするのが欠点だと述べています。

また、強硬策を進言する佞臣の言いなりとなり、優れた家臣の諫言を聞くことができないことも「強すぎたる大将」の特徴だと批判しています。勝頼に諫言する内容となっていますが、武田氏凋落の勢いはもはや止められませんでした。


 記事でくわしく知りたい

 こんなクイズもあります