源頼朝の側近で知られる大江広元の経歴とは?

...

源頼朝の側近の大江広元(おおえ の ひろもと)という人物はどのような経歴の持ち主でしょうか。

( 正解率は 56 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「文筆の才があり、鎌倉幕府の要職についた人」

  回答内訳

41人 が回答済です

文筆の才があり、鎌倉幕府の要職についた人(23回答)
56%
武芸に優れ、合戦で頼朝にもっとも信頼された人(4回答)
9%
源頼朝の伊豆への配流時代より支え続けた人(11回答)
26%
謀反の疑いをかけられ、失脚した人(3回答)
7%

※未回答での閲覧回数は 1回

 解説

大江広元は京の下級貴族の出身です。元は朝廷で官人として働いていたところ、ある時から鎌倉へと下り、頼朝の側近として活躍しました。広元の兄・中原親能が頼朝と親しかったのが、広元の鎌倉下向の理由のようです。

広元は自身の京での経験を活かし、公文所(後の政所)別当として、頼朝の下で様々な仕事をこなしました。朝廷との交渉窓口にもなり、守護・地頭の設置を進言したともされています。頼朝の死後もその立場は揺るがず、北条氏とも良好な関係を維持し続けました。


 記事でくわしく知りたい

 こんなクイズもあります