明石城の城下町を設計した意外な人物とは?

...
兵庫県明石市にある明石城ですが、この城下町を設計したのはちょっと意外な人物です。それは次のうち誰でしょうか? ( 正解率は 40 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「宮本武蔵」

  回答内訳

161人 が回答済です

千利休(61回答)
37%
伊達政宗(24回答)
14%
宮本武蔵(65回答)
40%
天草四郎(11回答)
6%

※未回答での閲覧回数は 12回

 解説

 元和3年(1617)、徳川家康の曾孫にあたる小笠原忠政が信濃松本から明石へ移封となりました。その翌年から船上城に代わる明石城の築城に取り掛かっています。この時に城下町の線引き(いわゆる設計)を担当したのが宮本武蔵と伝えられています。藩主忠政と昵懇の間柄で客分として明石に招かれていたようです。

 商人や職人の居住区、商業と港湾の地区、回船業者や船大工・漁民が住む地区というふうに、整然と町割りがされました。武蔵には剣術や兵法以外にも多彩な才能があったという証拠でしょう。


 こんなクイズもあります