江戸の遊郭・吉原の独特な言葉「~ありんす」はなぜ生まれた?

...
吉原の遊女は「ありんす」「主さま」など、独特なありんす言葉で会話していました。なぜこうした言葉が生まれたのか、その主な理由は何でしょうか? ( 正解率は 65 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「方言を隠すため」

  回答内訳

20人 が回答済です

遊郭専用の暗号として(3回答)
15%
方言を隠すため(9回答)
45%
非日常空間を演出するため(2回答)
10%
遊女の脱走を防ぐため(2回答)
10%

※未回答での閲覧回数は 6回

 解説

 吉原の遊女は女衒(ぜげん)たちによって関東や東北から広く集められました。彼女たちの中には方言を話す者も多く、高級遊郭にはふさわしくないため、こうした独特な「ありんす言葉」が作られました。これらの言葉は地方や店ごとに言葉が違ったそうです。現代でも「馴染み」「ざます」などのありんす言葉が残っています。


 記事でくわしく知りたい

 こんなクイズもあります