武田勝頼は元々どの家を継ぐ予定だった?

武田勝頼の肖像画

甲斐武田家の当主で知られる武田勝頼ですが、信玄の四男だったために本来は後継者候補でなく、別の家を継いでいました。信玄の死後に後継者として武田姓に戻しましたが、それ以前に名乗っていた姓は次のうちどれでしょうか?

( 正解率は 76 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「諏訪(すわ)氏」

  回答内訳

38人 が回答済です

穴山(あなやま)氏(6回答)
15%
諏訪(すわ)氏(29回答)
76%
京極(きょうごく)氏(1回答)
2%
木曽(きそ)氏(2回答)
5%

※未回答での閲覧回数は 3回

 解説

武田信玄の四男として生まれた勝頼ですが、信玄の嫡男である武田義信が謀反の疑いで、幽閉・自害したため、武田氏の家督を継ぐことになりました。元々勝頼は諏訪氏の名跡を継いでおり、「諏訪勝頼」を名乗っていました。このため、武田家の当主になるときに武田姓に戻しています。

信玄の活躍の影に隠れがちですが、国主となった勝頼は難攻不落の高天神城を陥落させるなど活躍を見せています。しかし長篠の戦いで大敗を喫したあたりから、徐々にその勢いは失われていき、最期は織田信長に滅ぼされてしまいます。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事