天下三名槍(天下三槍)の一つ、蜻蛉切(とんぼきり)は誰が愛用したことで知られている?

蜻蛉切

天下三名槍(天下三槍)の一つ、蜻蛉切(とんぼきり)は誰が愛用したことで知られている?

( 正解率は 87 % )

正解!

クイズ正解時のイメージ yes

 ざんねん…

クイズ間違い時のイメージ yes

答えは「本多忠勝」

  回答内訳

66人 が回答済です

結城秀康(2回答)
3%
母里友信(もり とものぶ)(2回答)
3%
上杉謙信(4回答)
6%
本多忠勝(58回答)
87%

※未回答での閲覧回数は 7回

 解説

蜻蛉切(とんぼきり)は別名「大笹穂槍」と言われ、室町時代頃に製作された槍の一つです。

蜻蛉切の名前の由来は、諸説あり、槍の先端部分に蜻蛉が止まっただけでその蜻蛉が真っ二つになってしまった、という説。 忠勝が槍を振るう度に、乱舞する蜻蛉すらも切り裂いていた、などの説があります。

現在は、静岡県の指定文化財に登録されており、静岡県三島市にある佐野美術館にて拝見することが出来ます。

 こんなクイズもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事